絶対に見逃してはいけない!『浮気の兆候20選』

もしかして、「浮気している・・・?」

「今日は、仕事で遅くなる」

「急遽、会食が入った」

あまりにもそんな日々が続いてきた時期から、いつからかそんな言葉が信じられなくなってきたなんてことありますよね?

「誰か女(男)と会っているのかも・・・」と考えるようになると、すべての言動が怪しく感じてくるものです。

そんないても立ってもいられない方々のために、「チェックすべき浮気の兆候」をまとめてみました。

いくつか当てはまるようであれば、“浮気している可能性大”です!

目次

あなたのパートナーの浮気度は?浮気の兆候20

(下記の項目をまとめた表を差し込む)

お風呂やトイレにスマホを持ち込むようになった(危険度★★★★★)

浮気相手と連絡をするときは、当然のことながら“スマホ”です。

夫や妻がスマホを肌身離さず持つようになったら、要注意です。

お風呂やトイレは一人で入る個室ですから、人目に触れずに“こそこそと”浮気相手と連絡することができますよね?

「こそこそしている」のはやましい証拠。この行動はまず疑ってかかりましょう。

スマホにロックをかけるようになった(危険度★★★★★)

今までかけてなかったスマホのロック。なぜ、急にかけるようになったのでしょうか?

実は、浮気の兆候として一番怪しい行動の一つは、「スマホの扱い方が変わること」です。

スマホにロックをかけるという行動も「こそこそしている」「見られたくないものがある」という意識の表れです。

スマホの扱い方に変化が見られたら、それだけでも浮気を疑った方がよいかもしれません。

LINEのスタンプが妙に増えた、また、新たなスタンプが大量に増えた(危険度★★★★★)

LINEのスタンプには趣味趣向があると思います。

その趣味趣向に反した買い方や使い方をするようになった場合、浮気相手の影響を受けている可能性があります。

特に、男性はスタンプの流行に鈍感なことが多いため、多用し始めた時期は要注意です。

ファッションの嗜好が変わった(危険度★★★★★)

ファッションにも自分の趣味趣向が一番現れます。

ラフな格好からフォーマルな格好まで、“自分の好みが露骨に反映される”のです。

そんな外見の部分に明らかな変化があった場合、“誰かの影響を受けている”のは確実です。

ロックな格好が好きな人が、急に小綺麗な格好に一新するなんてことは滅多にないことです。

浮気相手の好みに合わせている可能性を秘めているので、ファッションの変化は見逃してはいけません。

匂いに明らかな変化があった(危険度★★★★★)

前述のファッションと同じく、好きな匂いというのは人それぞれ違うものです。

その匂いが本来の自分の好みと違う場合、こちらも“浮気相手の好みに合わせている可能性大”です。

特に、男性は匂いには鈍感ですから、今まで使ってなかった香水を使い始めたのなら、まず浮気を疑う必要があります。

洗車や掃除の回数が明らかに増えた(危険度★★★★★)

洗車や部屋の掃除を頻繁にするのはなぜでしょうか?

もちろん、ただのキレイ好きかもしれませんが、あまりしない人が急にし始めるのは理由があります。

それは、「浮気相手の痕跡を消すこと」にあります。

浮気相手の髪の毛や忘れ物など、“普段あるはずのないもの”は片付けておこうという意識が働いています。

この行為は、「浮気がバレたくない」という意識の表れですから、まずは疑ってかかってください。

カーナビやLINEなどの履歴が消えていることが増えた(危険度★★★★★)

パートナーに話していない行先や浮気相手とのLINEなんて、わかりやすく“一番見られたくないこと”です。

前述と同じく、「履歴を消すというのは、浮気相手の痕跡を消す」というバレたくない意識の表れです。

不自然に消えている履歴を見つけた場合、浮気相手とのやり取りが隠されている可能性が高いので、調べた方が良いかもしれません。

外出時の話が曖昧になることが増えた(危険度★★★★)

仕事以外の時間はプライベートの時間です。

ほとんどを仕事の時間に費やしていることを考えると、プライベートの時間は限られてきます。

そんな限られた時間を忘れるなんてことはそんなにあることではありません。

一人で外出した時の話を聞いてみて曖昧に返ってきたということは、“何かを隠そうとしている”可能性が高いです。

なぜなら、会話の中に浮気相手の影を露にしないためです。

少しでもボロを出さないような怪しい行為なので、違和感を感じたら浮気を疑った方が良いかもしれません。

散歩などの細かい外出が増えた(危険度★★★★)

夜に急に「コンビニに行ってくる」「散歩に行ってくる」などという行動に出たりはしていないでしょうか?

一見、普通の行動に見えますが、習慣付いてない人が急に小用が増えることなどあまりありません。

それは、「浮気相手と電話やメールをするための口実」である可能性があります。

習慣付いている人でも、いつもより散歩の時間が長かったりする場合、外で浮気相手とコンタクトを取っているかもしれません。

スマホの通知があっても、すぐにチェックしなくなった(危険度★★★★)

スマホの通知が数件入ってきている。でも、チラッと見るだけで中身を確認しようとしない。急な仕事の要件かもしれないのに。

これは、中を開いてその内容をすぐ横にいるパートナーに見られたくない行動の表れです。

この後に取る行動の大半は、「個室で隠れて一人で見ること」です。

「見られたくないものがある」状態に置かれている可能性があるので、その相手は“浮気相手である”可能性があります。

スマホに着信があっても出ない。または、すぐに切る(危険度★★★★)

前述と同じく、知られたくない相手とのやり取りは、「パートナーの前ではしない」ことが基本です。

普通は、フリーダイヤルでもない限り、緊急ではなくても電話は出るはずです。

浮気している自分自身はかけてきている相手先は分かっているはずなので、浮気相手からかかってきている場合は出るわけにもいきません。

その後、掛け直しがなかった場合、「3コールで出なかったら、妻(夫)と一緒にいるものだと思ってくれ」と示し合わせている可能性もあるので、要注意です。

急な出張・休日出勤が増えた(危険度★★★★)

「急な出張が入った」

「トラブルで休日出勤しなければいけなくなった」

そんなこと、頻繁にあるでしょうか?これは、浮気相手と会うための“体の良い言い訳”にすぎません。

仕事にかこつけて一人の時間を作ることは、“浮気の始まり”である可能性を秘めています。

予定を聞かれることが増えた(危険度★★★★)

パートナーのスケジュールなどはあまり気にしていなかった人が、急に気にし始めた時も要注意です。

特に、パートナーが夜勤のある仕事をしている場合、夜勤の状況などに合わせて浮気をしている可能性があります。

パートナーが夜勤最中で家にいないうちに浮気相手を連れ込んでいることもありえます。

音楽の嗜好が変わった(危険度★★★)

ファッションや匂いと同様、好きな音楽ジャンルは基本的には固まっていることが多いです。

一緒に車に乗った際に音楽を聴くこともあるでしょうが、今までの趣味趣向と違った音楽だらけのプレイリストになっている際には、浮気相手の影響を大いに受けている可能性がありますので、要注意です。

クレジットカードの利用頻度が増えた(危険度★★★★)

浮気をしている人の大きな特徴の一つとして、「お金遣いが荒くなる」ことが挙げられます。

なぜなら、家庭の他に、“お金の使いどころが増える”からです。

女性とデートしたり、ホテルに行ったりすると当然のことながら使うお金が増えていきます。

最終的にお金が足りなくなり、キャッシングをしているようなら、怪しい度合いが高くなります。

イライラすることが増えた(危険度★★★)

浮気はこそこそ隠れてするものなので、会えないこともしばしば。

そんな時は態度に表れてきます。

「家庭があるせいで、自分が我慢しないといけない」という発想に行きつくとイライラした態度として表れてくるのです。

理由が判然としないイライラが続いているときは、浮気を疑ってみても良いかもしれません。

SEXの回数が急に減った(危険度★★★)

SEXということは、異性と愛し合う行為です。その行為が減るということは、何かしらの理由が存在します。

年相応に性欲が減ったり、忙しくてする気が起きないなど、人によってそれぞれです。

ただ、そういった理由なく急激に回数を減るのはやはり不自然です。

その場合は浮気相手と済ませているため、既に性欲を満たせている可能性があります。

ある時を境に、残業が増えた(危険度★★★)

前述の通り、仕事は“浮気相手と会うための体の良い言い訳”です。

プロジェクトを任されたりすると、途端に忙しくなることもありますが、ずっと続くことは早々あることではありません。

こういった状況に慣れてくると、結婚記念日やクリスマスなど、家族の大事なイベントなども仕事を言い訳にスポイルされることが増えてくるので、注意が必要です。

夫婦間の会話が減る(危険度★★★)

浮気をするということは、“パートナーに興味を失っている”可能性も無視できません。

また、浮気相手との会話で満足している可能性もありますので、特に話したいことがない状態に陥っていることも考えられます。

急に家族に優しくなったり、明るくなる(危険度★★)

子どもが近所で悪さをしたとき、子どもはどんな行動を取るでしょうか?

怒られたくない一心で、親のご機嫌取りをしたことはないでしょうか?

浮気をしていることはそれと同じことです。

パートナーへの罪悪感から、急に家族に優しく接してきたのなら、それは浮気の兆候と言えるのかもしれません。

もはや確定的!?浮気の証拠10

「なんで、こんなものが入ってるの・・・?」

そんなレベルのものが出てきたら、浮気していると思っていい証拠品は存在します。

以下に、浮気の証拠10選をまとめてみました。

(浮気の証拠10選の表)

所持品から避妊具が出てきた

夫の財布からなぜかコンドームが出てきた…

コンドームを使う理由なんて1つしかありません。それをパートナーと使っていないとすれば、浮気相手と使う以外に選択肢はありません。

見つけてしまったら、“確実に浮気している”と思っていいでしょう。

性行為の写真や動画を見つけた

稀にあることですが、性行為の写真や動画をスマホに収めている人がいます。

こういったものは浮気の状況証拠として十分すぎるものです。

言い逃れようのない証拠なので、浮気確定です。

異性あてのプレゼントが出てきた

記念日やそれ以外でも、普段からプレゼントを用意するパートナーならまだしも、そういう習慣がない人が用意したプレゼントが出てきたならば、それは明らかに怪しいです。

箱を見て明らかに異性用で自分に渡されなかった場合は、浮気相手に渡されている可能性大です。

浮気相手の私物が出てきた

明らかに異性のものであるものが見つかった場合、これも怪しい証拠品の一つです。

夫のカバンから化粧品が見つかったり、タバコを吸わない妻からライターが見つかったり、明確に違和感があるものは浮気の証拠として捉えていいと思います。

浮気相手とのLINEを見つけた

スマホの扱い方の変化は浮気の大事な兆候であることは前述のとおりですが、本当に見つかった場合は完全に黒です。

  • 「好きだよ」
  • 「こないだは気持ちよかったね」

などといった恋愛関係を匂わせる内容のもの、特に、肉体関係を匂わせる内容のものならば慰謝料請求の対象になるレベルの証拠になります。

ラブホテルのレシートが出てきた

レシートが出るということは、ラブホテルに行ったということです。

パートナーと一緒に行ってないのであれば、それは浮気相手と行った以外に選択肢がありません。

問いただしてみたら、確実にボロが出るレベルものであると思います。

SNSで聞いたことない場所が投稿されていた

基本的に、話してもいいプライベートの話は夫婦間でも交わされているはずですが、話に出てこなかった場所がSNSで投稿されていたとしたら・・・。

状況にもよりますが、問いただしてみて明確な答えが返ってこないようなら、浮気相手と行っていた可能性大です。

浮気相手からの留守電記録を見つけた

こちらも確実な状況証拠の一つです。

知らない女からの留守電記録があれば、まずは聞いてみるべきでしょう。

明らかに仕事や友人の類する内容でなければ、まず黒と言えるでしょう。

手帳の記録に明らかな嘘がある

「仕事って聞いていたけど、その日に知らない女の名前が・・・」

なんてことがあれば、それは浮気している状況証拠になりえます。

万が一のことを考え、証拠として写真を撮っておくべきでしょう。

クレジットカードの明細でホテルを使った記録がある

「この日は出張でもなかったはずなのに、ホテルを使っている…?」

これも状況証拠になりえます。

これがもし、ラブホテルだった場合、使い道は一つしかありません。黒で間違いないと思われます。

パートナーの浮気有無を明確にさせたいあなたが取るべき選択肢

浮気をすることは、パートナーを騙す行為です。

騙されているうちは、浮気の有無に確信を持つことはなかなか困難です。

とはいえ、一人で抱え込むのは心に限界が来てしまう方が多いのも事実です。

そんな時に、あなたはどんな選択をとるべきなのでしょうか?

直接本人と話す

自白させることが一番の近道!

離婚したくないなら、その場で反省させて「二度と会わない」ことを誓わせることが大事です。

体力・精神ともに消耗するかもしれませんが、本人が自白してくれることが一番の証拠になりますし、平和的解決への近道です。

信頼できる人に相談する

章の冒頭に述べたとおり、一人で抱え込むのは限界があります。

少しでも心に余裕を持たせるためにも、「信頼できる人に相談すること」も大事な行動の一つです。

余裕がない自分では思いもよらなかった考えを示唆してくれるかもしれません。

探偵に依頼する

前章で述べた確実な証拠が出てこない場合、話し合いをしてもパートナーが自白しないことも大いに考えられます。

その場合に有効なのは、プロの探偵に依頼して、確実な証拠を押さえてもらうことです。

その証拠を基に、浮気しているパートナーや浮気相手と戦うことも視野に入れるのも手段の一つだと思います。

浮気を辞めさせたいなら、浮気の原因を突き止めよう

(浮気再犯率に関するデータ)

離婚したくない人は「ついつい許してしまう」ことが大多数です。

しかし、ここで許してしまうと、浮気の再発率が一気に上がると言われています。

実際、浮気性の人が再び浮気を犯す確率は45%以上だという研究結果も出ています。

辞めさせるためには、「浮気した理由」と「その対処法」を把握する必要があります。

浮気の原因は2パターン「家庭が嫌」「気になる異性が現れた」

「家庭が嫌」というパターンは根深いです。

 

・「家に帰りたくない」

・「子どもが好きじゃない」

・「夫(妻)との関係に嫌気がさしている」

など、一方的に不満を抱いているので、パートナーへの罪悪感がないことが多々です。

この場合、浮気を自白させて、夫婦間の話し合いが不可欠です。

「気になる異性が現れた」というパターンは、一時の気の迷いもあるので、早急な対処が必要です。

家庭への罪悪感があるからこそ、こそこそする。のめり込まないように早急に浮気を自白させるのがお互いのためです。

浮気を辞めさせるには、自白させて痛い目に合わせること

前述のとおり、浮気性の人は再発率が高いです。

だからこそ、「浮気をしてはいけない」ということを思い知らせてやる必要があります。

 

・自白させて、パートナーに誓約書を書かせるのか

・弁護士を使って、浮気相手に慰謝料請求するのか

 

などさまざまな対処方法があると思います。

ここはひとつ心を鬼にして、対応していきましょう。

きっぱりと別れることを決意したなら、証拠を集めて慰謝料請求しよう

「浮気はどうしても許せない!」という人は、証拠を集めて浮気相手やパートナーに慰謝料請求することが一番だと思います。

慰謝料請求をするのであれば、“肉体関係を裏付ける証拠”が必要になります。

 

“肉体関係を裏付ける証拠の例”

ラブホテルに二人で入っていく画像および動画

2人になれる個室(お互いの家など)に入っていく画像および動画

などが必要になってきますが、顔が割られている本人では集めるのが難しいものです。

そこで、こういった状況証拠を集めるプロである探偵や慰謝料請求のプロである弁護士に依頼してみるのも一つの手です。

浮気はれっきとした不法行為ですので、探偵や弁護士に相談して戦ってみてはいかがでしょうか。

 間違いない探偵探しをしたいなら、「街角相談所探偵」が一緒に探してくれる

「色々探してみたけど、優良探偵なんて結局わからない」

「どれも怪しい探偵社に見えちゃうんだけど、どうしたら良いかわからない」

そんな方には、『街角相談所-探偵-』をオススメします。

 

・相談者の状況に合った探偵社を紹介してくれる

・相談無料、匿名相談可

・厳選された探偵社のみ参画

・浮気の証拠が取れなかったら、費用0円

なので、お気軽に調査をしてもらうことができますので、利用してみる価値大です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

(兆候と証拠一覧)

浮気の兆候は、必ず“言動の変化”として表れます。その変化を見逃さないことが、何より大事です。

パートナーの異変に気づいたら、焦らず一つずつ確信に近づけましょう。

一人でやるのが難しければ、探偵や弁護士にまずは相談してみてくださいね。

浮気調査の料金や地域など、
あなたにぴったりの探偵社を教えてもらえる!

こちらは浮気調査の探偵選びにお困りの方のためのオンライン診断です。

探偵を選ぶといっても、ほとんどの人は初めてです。

ネットを見てもどこがいい探偵社なのかわからなかったり、探偵の料金説明を見てもよくわからないことがとても多いのです。

こちらは簡単な項目を答えれば、その情報を元に専門アドバイザーがあなたの疑問に答えたり、おすすめの探偵社を教えてもらうこともできます。

  • 浮気を疑っており、真実を確認したいけど方法がわからない方
  • 浮気をしていることが確実で、証拠を掴みたい方
  • 浮気をされているが、子どもがいて離婚をしたくない方
  • 探偵を探しているけど、選び方がわからない方
  • 自分が探偵を利用した場合、料金がいくらなのか知りたい方

このオンライン診断をすることで、浮気を疑っていたり、浮気が確実なときにどのように対処すればいいのかがわかります。また、探偵をお探しの方は、厳しい審査を通過し、厳選された探偵社の中からあなたにおすすめの探偵を紹介してもらうことができます。

ぜひ、ご利用ください。

コメント