夫の不倫相手はシングルマザー!? 慰謝料相場や請求を確実にするコツ

夫がシングルマザーと不倫!?

夫が不倫!しかも信じられないことに相手は子持ちのシングルマザー!
というのは、実はよくあるケース。 

既婚女性からすると到底理解できないことですが、シングルマザーって遊ぶのに何かと都合が良かったり誘いに乗せやすかったりと、男性からすると不倫相手に凄く丁度がいいんですね。

子どもを育てる役目を持ちながら人の家庭を壊す気持ちも理解できないし、償わせたくてもシングルマザー相手に慰謝料はきちんと請求できるのだろうか?と疑問や不安もあると思います。
ご安心ください、シングルマザーにも確実に慰謝料は請求できます。

 今回は、主にこちらの3点を重点的に解説していきます。

今回の記事の内容

  • シングルマザーへの慰謝料請求
  • シングルマザーと既婚男性が不倫する理由
  • 今後の対処法

ぜひ参考にしてみてください。

シングルマザーにも慰謝料は請求できる

お金

経済状況や生活が厳しいシングルマザーにも慰謝料は請求できます。
詳しく見ていきましょう。

不倫相手の経済状況は請求自体に関係ない

慰謝料請求ができるかどうかに不倫相手の経済状況は関係ありません。
確実に慰謝料請求することが可能です。 

例え不倫相手の生活が困窮していたり、生活保護を受けるほどの低所得者であったとしても、それは一貫して変わらぬ事実です。

ただし、請求自体は可能ですが相手が全額一括で支払えるかどうかは別問題です。
もし支払いが難しい場合は取り決めを行い、分割払いなど一生を通して支払ってもらうこととなります。

シングルマザーへの慰謝料の相場

シングルマザーへの慰謝料相場は一般的な不倫の慰謝料相場と変わりありません。
不倫の慰謝料相場は下記のようになっています。

不倫されたが、離婚はしない場合

50万円~100万円

不倫が原因で、離婚や別居になる場合

100万円~300万円

上の目安を元に様々な要素が加味され、慰謝料額が決定されます。
主に下記の点が基準となってきます。

不倫期間や継続度(長いほど高額)
年齢(高いほど高額)
悪質度(明らかに容認していたり一度不倫関係など)
世帯収入(高いほど高額)
精神的苦痛度(うつ病にかかったり)

慰謝料はケースバイケースですが、不倫相手がシングルマザーの場合であったとしても、一般的な相場と変わりはありません。

シングルマザーへの慰謝料請求方法

こちらも一般的な不倫の場合と変わりはありません。

慰謝料の請求方法としては、交渉による請求、もしくは相手が応じない場合は裁判による請求のどちらかとなります。
現在日本の法律では、いきなり裁判を起こすことはできませんので、請求する際は初めに交渉から、という形となります。

❶ 交渉による請求方法
慰謝料を支払って欲しい旨を提示する「内容証明」を不倫相手に送ります。
そちらに不倫相手が同意した場合、示談書を作成し、示談書を公正証書にしておきます。
そうすることで、法的拘束力ができるので、規定の慰謝料が支払われなかった場合、強制執行をすることができます。
❷ 裁判による請求方法
交渉で和解ができなかった場合、裁判での請求となります。
不倫関係が間違いなくあったという証拠を提出し、慰謝料の支払いを要求します。不倫相手が低収入であったとしても給与などを差し押さえることができます。
また、慰謝料の支払いを滞ったなどの場合、強制執行を行うことも可能です。

交渉のみで支払いが見込める場合は、個人でも可能ですが、言い逃れされたり約束を反故にされたりすることも往々にしてあります。
確実な支払いを望む場合は、専門家に間に入ってもらうと良いでしょう。 

専門家については、後述の「不倫の確実な証拠をつかむ」でも解説していきます。

慰謝料請求できない場合もある!5つの注意点

注意!

シングルマザーにも一般的な相場と変わらず、慰謝料請求が可能ということを解説しました。
しかし、中には慰謝料請求ができない場合もあるんです。

夫や不倫相手に言い逃れの隙を与えてしまうことはないか?
確認してみてください。

性交渉がない

「不貞行為」と呼ばれる不倫関係は、「性交渉があった」ことが大前提となります。
デート、手繋ぎ、キスといった漠然とした行為だけでは法律上不倫とは認められないので、慰謝料は請求できません。
「性交渉を行なったという確実な事実」が必要となります。

立証できる証拠がない

例え夫と不倫相手が何度も体の関係に及んでいたとしても、不貞行為と認められるだけの証拠がなければ慰謝料は請求できません。
裁判では、ラブホテルや不倫相手の自宅への出入り写真や詳細な調査報告書が有力になります。
もみ消される前に確実な証拠を掴むことが必要になります。

不倫相手が既婚者だと知らなかった

・不倫相手が既婚者だとあらかじめ知っていた(故意)
・明らかに気づけた状況だったにも関わらず不倫していた(過失)
でなければ慰謝料は請求できません。

例えば、夫が既婚者であることを伝えておらず、不倫相手に嘘をついて騙して関係を持っていた…
といった場合は慰謝料は請求できません。
その場合、逆にこちらの夫に請求がくる恐れもあるので気をつけましょう。

夫婦関係が破綻している、または未婚

長期間におよぶ別居や、もはや夫婦生活を共に過ごしているとはいえないような状況であったり、離婚に向けて話が進んでいたりなど、夫婦関係が破綻している場合も慰謝料は請求できません。

なぜなら不倫の慰謝料とは、不倫により夫婦関係を破壊され、精神的苦痛を受けたことに対する請求であるからです。

また、当然のことながらパートナーと婚姻関係にない場合も請求はできません。
同棲しているだけの場合も当てはまりません。

時効が過ぎている

不倫の慰謝料請求にも時効が存在します。 

・不倫関係が始まってから20年以内
・自身が配偶者の不倫の事実に気づいてから3年以内

上記いずれかとなり、これらの期間を過ぎてしまうと慰謝料は請求できません。
時効が過ぎる前の早めの行動が必要となってきます。

シングルマザーが不倫に走る理由

シングルマザーと子供

既婚女性からすると、子どもを養う役目を持つシングルマザーがなぜ不倫をするのか、理解に苦しむところです。
その理由を見ていきましょう。

たまには女として見られたい

できることならどんなに生活が変わっても、いくつになっても女として見られていたいと思うもの。
シングルマザーは女手1つで常に仕事と子育てに追われていますから、時には男性に甘えたい気持ちになったりもするんでしょう。 

そんな時、既婚男性なら独身男性にはない経済的安定感や経験、包容力がありますから、自然と惹かれるものがあるのかもしれません。
ふらっと不倫に転びやすいんですね。

寂しくて刺激が欲しい

シングルマザーは、世間の風当たりも経済状況も厳しいです。
他のママ友たちには夫がいる中、自分だけ1人で子どもを養っている日常生活に刺激が欲しいと思ってしまうシングルマザーは少なくありません。
フラストレーションが積もりに積もって不倫関係で発散…という行動に至るわけです。

経済的に苦しくて男性に頼りたい

夫と共に子育てをしている家庭に比べ、シングルマザーの経済的余裕は圧倒的に少ないことが多いです。
その点既婚男性であれば、ある程度お金や気持ちに余裕がありますから、デート時の支払いなど、何かにつけて金銭面で頼りになる場面があるでしょう。

 実際に何か経済的な支援を受けてはいなくとも、無意識に安定している既婚男性を求めがちな傾向はあるようです。

シングルマザーを不倫相手に選ぶ男の本音

携帯で連絡を取る男

次は、なぜ既婚男性がわざわざシングルマザーを不倫相手に選ぶのか?
その理由を見ていきましょう。

生活に苦労しているから簡単に落とせそう

フリーで若い女は口説くのが難しい…
その点シングルマザーなら、生活に苦労していそうで優しい言葉や甘い言葉をかければ簡単に落とせると思って手を出す男性は意外と少なくないみたいですね。

しかも離婚を経験して弱っているところなら付け入りやすいですから、適当に遊ぶ相手にピッタリとでも思っているのかもしれません。

家庭への理解があって都合を合わせやすい

シングルマザーは一度結婚生活を経験していますから、フリーの女性と比べて家庭への理解があります。

しかも、大半のシングルマザーが1番重要視しているのは我が子のこと。
土日休みなど時間が多く取れる時は子どもを優先しがちです。
子供への責任感から不倫関係がバレることにも人一倍気を使っています

そういった点は既婚男性からすると扱いやすいわけですね。

不倫相手に夫がいないから慰謝料請求の危険性が減る

不倫相手にもパートナーがいる場合、そちらにもバレないように気を使わなければなりません。
その点はシングルマザーなら安心。
不倫相手のパートナーにバレて慰謝料を請求される恐れもありません。 
もし請求される場合は自身の妻からのみ、ということになりますね。

しかも、バレても離婚にならない場合は、夫婦のお金の管理は1つにまとまっていることが多いですから、結果的に請求されないパターンも往々にしてあります。
不倫がバレた時のリスクを考え、少しでも負担が少ない相手を選んでいるわけです。
金銭面での痛手が出にくいというのはシングルマザーを不倫相手に選ぶ最大のメリットとも言えるのではないでしょうか。 

後腐れなく気楽に遊べる

一度結婚に失敗したシングルマザーは、生娘のように無闇に結婚に夢を見たりはしません。
例え不倫に夢中になってしまったからといって結婚を迫られる危険性も少ないです。
一時的に気楽に遊びたいだけならちょうどいいと考えられます。

不倫相手がシングルマザーだった体験談

悲しむ女性

実際に夫がシングルマザーと不倫していた女性の体験談をご紹介します。

真面目な夫が不倫!どうにかして懲らしめたい

夫が不倫相手の、シングルマザーと同棲中です。とっちめてやりたいのです。
私は結婚17年、中高生二人の子を持つ妻です。夫婦二人共、40代です。

それなりに仲の良い夫婦でしたが、急に夫から、「離婚してほしい、お前のここが悪い、ここが嫌いだ、ここがダメだ。だから離婚するしかない!」などと、毎日毎日怒鳴られるようになりました。


どれも理由としては、納得できないイチャモンの様に感じるレベルだったので、なんとなく女性の存在を疑い始めた矢先、風俗に通いつめている形跡を見つけたので、色々問い詰めると、ある風俗嬢(シングルマザー)と不倫関係にあり、最終的に、彼女と一緒になりたいと家を出て、同棲をはじめてしまいました。発覚して家を出るまでわずか2ヶ月の出来事でした。


夫は今まで決して悪い人間ではなかったのですが、とにかく今は私と早く離婚を成立させたいのでしょう、様々な嫌がらせをしかけてきます。
嫌がらせの内容がとにかく卑劣で、特定されてしまうのでぼかしますが、自分の子供の心を傷つける様な事をして、早く離婚に応じないなら、子供はもっと悲しい思いをするけど、そうなったらお前のせいだからな!それでいいんだな!というやり方です。

今まで真面目な夫だっただけに、男の扱いの上手な女性にまんまと引っかかってしまったんだなと、不倫自体はムカつきながらも、どこか許せていた部分があったのですが、その嫌がらせが始まってからは、自分の子供にそういう事ができる人間だという事が、どうしても許せず怒りが渦巻いています。

こんな夫なので、いずれ離婚すると思います。

ただ、不倫を隠したまま私のせいにして離婚話を進めようとしたり、子供達を脅迫の道具に使ったり、こんなひどいやり方をされて、私も当初は突然離婚を突き付けられ、悲しくてボロボロの状態だったのですが、今は、このままやられっぱなしで早々に離婚に応じるのは相手の思う壺なので、簡単に応じたくなんかないのです。


夫は外面はよく、よい父親、よい夫で通っています。仕事もエリートと呼ばれるようなものです。不倫は勿論、相手が風俗嬢という事もひた隠しにしています。(離婚話を夫から相談されたという共通の知人には不倫の件は一切話さず、全て私のせいにされてました)


離婚の際、慰謝料などはしっかり請求するつもりですが、とにかく相手をとっちめてやりたいのです。無傷では済ませたくないのです。
法に触れて自分が不利になる様なものは避けたいですが、腹の虫が収まるような仕返しをしてやりたいのです。



何か良い方法はありませんか?
また、同じようなご経験された方、いらっしゃったら、ご経験談を教えて下さい。

抜粋:Yahoo!知恵袋|夫が不倫相手の、シングルマザーと同棲中です。とっちめてやりたいのです。

不倫された場合の対処法

向き合った男女

不倫に気づいたらまず一体何をすべきか?
順を追って説明します。

今後どうしたいか考えておく

パートナーと話し合うことも大事ですが、まずは自身がどうしたいか考えておきましょう。

❶ 離婚する

離婚して慰謝料を請求するなら、確実に請求するための事前準備が必要です。
交渉による請求がうまくいかず裁判になる場合も、書面作り有効な証拠の収集など事前対策が必要です。

❷ 和解する

関係性を修復する場合や、しばらく別居してみるといった様々な選択肢がありますが、和解する場合、パートナーとの話し合いは必要不可欠でしょう。
その際、言い逃れ等されないよう事前に不倫の証拠は抑えておきましょう。
また、不倫相手と二度と会わない約束をした上で、契約書を作成しておくといったことも可能です。

いずれにしても事前の対策が重要になってきます。
離婚になる場合はパートナー分の収入が減りますから、その後の経済状況も考えておく必要があります。
どういう結果になっても、自分の身を守れることを大前提として、しっかり対策しておきましょう。

不倫の確実な証拠をつかむ

今後の行動を考えたら、まずは確実な証拠をつかむことから始めましょう。
離婚して慰謝料請求するにしても、和解に向けて話し合うにしても、「不倫が確実にあった」ことが明白でなければどうしようもないからです。

探偵や興信所に相談して証拠を確実にする

もちろん、全て自身1人で解決する道もあります。
ただ、不倫された時の精神的苦痛や取るべき行動の労力は甚大なものです。
専門家に相談することで少しは自身の負担を減らすことができます。

探偵や興信所はその道のプロですから、個人では難しいあらゆる対処法に適しています。
業者によっては確実な証拠を掴んだ上で、どう行動すべきかのアドバイスやアフターフォローもしっかりしているところもありますので、その後の動き方も自身でしっかりと決めていくことができます。

相談するメリット
  • 個人では集めにくい裁判で有利な証拠を掴むことができる
  • 素人だとバレやすい証拠集めもプロに任せると安心
  • 秘密を厳守してもらえる
  • 証拠を集めた上でどうするかは相談者に委ねてもらえる
  • 自身の負担を減らせる
相談するデメリット
  • 探偵社によってピンキリだが費用がかかる
  • 信頼できる探偵社を選ぶのが面倒探偵

不倫を未然に防ぐ施策

仲の良い男女

まだ不倫されていないけど、今後されないようにしたい…
という方は、こんなことに気をつけてみると良いかもしれません。

契約書を作っておく

事前に不倫したらどうなるか、お互いの間で取り決めを作っておく手段です。
「不倫は絶対にしない」「不倫したら〇〇万円慰謝料を支払った上で離婚」
といった誓約書や契約書を事前に作っておきます。 

そうすることで、不倫した後の暗い未来を明確に思い描けることでしょう。
契約書というと仰々しい感じもしますが、意外と取り決めを契約書に起こしている夫婦は多いです。 

なるべく関係性や生活に溝を作らない

変わらない日常に飽き飽きして心や体が満たされない状態になることも、長い夫婦生活では起きうるかもしれません。いわゆるマンネリ化です。
そんな時は、今一度2人の関係を見つめ直してみましょう。
子どもがいる場合、子どもとばかり向き合うのではなくパートナーとも向き合って見てください。
また、何か打ち込める趣味を見つけて鬱憤を晴らしてあげることで、日々に刺激をもたらしてあげるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、不倫相手がシングルマザーだった場合の疑問点や注意点について解説していきました。

シングルマザーでも慰謝料請求には関係ない
シングルマザーは不倫相手に都合がいい
解決するには確実な証拠が必要

ということが分かりましたね。
不倫は人ならざる道、続けさせていても良いことなどありません。 

何よりもまず、確実な証拠を掴むことです。
実は不倫の慰謝料請求にも時効が存在しますから、早めの行動を取ると良いでしょう。
ですが慌てずに、ご自身やお子さんの今後を考えた上で行動しましょう。

浮気調査の料金や地域など、
あなたにぴったりの探偵社を教えてもらえる!

こちらは浮気調査の探偵選びにお困りの方のためのオンライン診断です。

探偵を選ぶといっても、ほとんどの人は初めてです。

ネットを見てもどこがいい探偵社なのかわからなかったり、探偵の料金説明を見てもよくわからないことがとても多いのです。

こちらは簡単な項目を答えれば、その情報を元に専門アドバイザーがあなたの疑問に答えたり、おすすめの探偵社を教えてもらうこともできます。

  • 浮気を疑っており、真実を確認したいけど方法がわからない方
  • 浮気をしていることが確実で、証拠を掴みたい方
  • 浮気をされているが、子どもがいて離婚をしたくない方
  • 探偵を探しているけど、選び方がわからない方
  • 自分が探偵を利用した場合、料金がいくらなのか知りたい方

このオンライン診断をすることで、浮気を疑っていたり、浮気が確実なときにどのように対処すればいいのかがわかります。また、探偵をお探しの方は、厳しい審査を通過し、厳選された探偵社の中からあなたにおすすめの探偵を紹介してもらうことができます。

ぜひ、ご利用ください。

コメント